Channel J

電脳硬化症気味な日記です。まとまった情報は wiki にあります。

2019.9.22 (Sunday)

at 23:38  

F1 Singapore GP   [エンタメ]

 Ferrarriというのは、F1において、良くも悪くも「surpriseを生み出す宝箱」ですね。今回は、良い方向でした。
 誰でも苦戦するだろうと予想していたSingapore GPのFerrarriは、予選日の朝に突然生まれ変わっちゃいました。現代でもそんなことあるんだな~。しかも、彼ら自身が言うように、何か特殊なアップデートが大きく影響したのではなく、「マシンの前後バランスがうまく調整できた」のが要因なんでしょうね。
 そういえば、Austria GPのRedBullも「マシンの前後バランスがうまく調整できた」から、急激な改善をみて、勝ったのでしたね。現代F1は、技術的な面において、非常に繊細かつ複雑で訴求しにくいですなぁ。
 運営面においては、世代交代期で、エンタメ性とスポーツ性、ビジネスとしてのバランスを問われ続けていますし、将来性においては、化石燃料との関わり方やFormula Eとの方向性の違いを明確にする必要があります。そうしたバランスもうまく調整してほしいですね。
 今回のレースでも、「予選よりも13秒も遅いラップタイムで周回しても、順位の変動がない」とか、ちょっとどうなのかなとは思います。

 とにかく、1989年開幕戦のBrazil GPで初めてセミオートマを搭載したFerrarriのNigel Mansellが最後まで走り切って優勝とか、91年のMexico GP Finalで、FerrarriのAlan Prostが突然、爆発的な速さを見せて優勝とか、いろいろ思い出しました。今回のはそれらに匹敵する強烈な記憶になりますね。

[関連記事]
F1シンガポールGP決勝 セバスチャン・ベッテル優勝 フェルスタッペン3位 : F1通信 [2019/09/22]
フェラーリ1-2も優勝はベッテル! | シンガポールGP | F1ニュース | ESPN F1 [2019/09/22]
F1シンガポールGP 結果 | ベッテルが今季初優勝!フェラーリが1-2! 【 F1-Gate.com 】 [2019/09/22]
F1シンガポールGP | レースの流れを変えたレッドブル・ホンダの動き 【 F1-Gate.com 】 [2019/09/24]


« [ドラクエウォーク] ロト装備ふく… Clip to Evernote
軽減税率? 大多数の消費者にとって… »
  trackback:    



Go back.