ノンビリ暮らそう

電脳硬化症気味な日記です。まとまった情報は wiki にあります。

2017.11.16 (Thursday)

at 22:46  

勝手にFirefox Quantumにupgradeされて、多数のAdd-Onが無効にされたので、元の版に戻した   [わたくしごと]

 私にとっては、ブラウジングが多少早くなることよりも、DownThemAllやNoScript、Selenium IDEのようなアドオンが使えなくなってしまうことの方が重大なのですよ。他の方もそうではないですか?

 なので、このようなAPIの大規模変更では、「結構変わるけど、Quantumに更新するか?」ぐらいあると期待していたのですが、朝起きてFirefoxを起動すると、WindowsのUAC確認が表示されて、「はい」を押すとFirefoxが更新されてしまいました。(「いいえ」なら良かったのか?)

 利用しているアドオンはほぼ全滅で、代替もほとんど見つからないので、Firefoxを元の版(56.0.2)に戻すことを即決。インストーラを見つけて導入し直しました。de-gradeしても、profileはそのまま使えたようですが、ツールバーの表示が一部おかしくなりました。まぁそれも、不要な余白を削除したりして元に戻せましたので問題なし。

 後は、Firefoxを起動する度に「更新しますか?」と訊かれて「後で」と答えるのがウザいぐらいですね。(^^;; 各種代替アドオンが早期に拡充されることを切望します。

[関連記事]
爆速進化したブラウザ「Firefox Quantum」は何がどう変化したのか? - GIGAZINE [2017/11/15]
「Firefox Quantum」登場–高速化するも多数のアドオンが使えず - CNET Japan [2017/11/15]
「Firefox Quantum」が正式公開 ~6カ月前と比べて2倍以上に高速化、新UIも導入 - 窓の杜 [2017/11/15]
Firefox Quantum(バージョン57)公開 | スラド IT [2017/11/16]

ウェブページのタイトル&URLを好きな形式でコピーできるFirefoxアドオン「Format Link」を使ってみた - GIGAZINE [2017/11/17]


« iTunesが起動しなくなった Clip to Evernote
地球環境は、もうすでに非常に厳しい… »
  trackback:    



Go back.